ZORRO リアボックス

通常のボックスをルーフカウルと併用する場合、ふたがルーフ支柱に当たり開かないためボックスの取付位置を後ろにずらすなどの対策が必要になります。

ゾロリアボックスはルーフのパイプ支柱があっても十分にふたが開くようデザインされています。

cut-box-tate2

縦型リアボックス

125クラスのスクーターと特に相性の良い縦型タイプで、横幅が小さく装着時に車幅を超えることが少ないのが長所です。

cut-box-l2

横型リアボックスL

ロングセラー横型ボックスのLサイズ。 Lサイズでもフルフェイスが2個入ります。 容量としては縦型リアボックスとほぼ同じです。 ふた上面に滑り止めゴム付き。

cut-box-xl2

横型リアボックスXL

ロングセラー横型ボックスのXLサイズ。 業務用ボックスを除く市販のボックスの中では最大クラスです。 ふた上面に滑り止めゴム付き。