トリシティ125・155

Tricity 125/155
Tricity 125/155
Roof cawl for 
About

 トリシティはLMW機構により様々な路面状況で安定かつ快適な乗り心地を実現しています。またフロントグリップが強く特に横滑りしにくいため雨天時も安心して乗れ、 ルーフカウルとの相性は良好です。
 フロントカウルには初めて外面エアロダクトを採用することで、スムーズな外気導入を可能とし高速域での不快な巻き込み音を軽減しています。
 トリシティ125と155でルーフカウル取付部の寸法に関して変更はなく、同じ形状です。ワイパー配線端子のみ変更となります。(125から155への移植は可能です。)

Image not available
aero duct

外面エアロダクト

Image not available
wide screen

ワイドスクリーン

Image is not available

aero duct

New aproach
外面エアロダクトによるエアフロー制御

フロントカウルには初めて外面エアロダクトを採用し、スムーズな外気導入による高速域での不快な風きり音の低減を実現しました。

Barber
Image is not available

aero duct

New aproach
外面エアロダクト採用

フロントカウルには初めて外面エアロダクトを採用し、スムーズな外気導入による高速域での不快な風きり音の低減を実現しました。

Barber
Image is not available

wide screen

ワイドスクリーンで広範囲をプロテクト

最大幅550mmのスクリーンが広範囲に雨風を防ぎます。

Slide 1
全モデル共通仕様
Image is not available
静音電動ワイパー

信頼の国内メーカー製ワイパーを装備。手元スイッチで操作できます。

Image is not available
両面ハードコートスクリーン

耐衝撃性に優れたポリカーボネートにシリコンハードコート処理を施すことにより、表面硬度、耐擦傷性、耐候性を高めています。またこのことにより紫外線による白化やクラックを防止します。

Image is not available
高耐候性ゲルコート

白ゲルコートは耐候性のあるイソ系、紫外線の影響を受けやすい黒ゲルコートには更に耐候性の高い最高グレードのものを使用。どちらの色も十分な耐候性を有しています。(現行の黒ゲルコートは2015年10月から使用開始)

Image is not available
フロントカウルによる防風効果

ナックルガード的働きと共に、スクリーンと車体の間からの雨と風の廻り込みを防ぎます。

Image is not available
ワイドルーフ

ルーフはひさし状のフォルムでスクリーン幅よりわずかに延伸し、より雨に濡れにくいようにしています。

Image is not available
強度と軽さの両立

GFRP(ガラス繊維強化プラスティック)の特性により強度と軽さを両立しています。

Image is not available
静音電動ワイパー

信頼の国内メーカー製ワイパーを装備。手元スイッチで操作できます。

Image is not available
両面ハードコートスクリーン

耐衝撃性に優れたポリカーボネートにシリコンハードコート処理を施すことにより、表面硬度、耐擦傷性、耐候性を高めています。またこのことにより紫外線による白化やクラックを防止します。

Image is not available
高耐候性ゲルコート

白ゲルコートは耐候性のあるイソ系、紫外線の影響を受けやすい黒ゲルコートには更に耐候性の高い最高グレードのものを使用。どちらの色も十分な耐候性を有しています。(現行の黒ゲルコートは2015年10月から使用開始)

Image is not available
フロントカウルによる防風効果

ナックルガード的働きと共に、スクリーンと車体の間からの雨と風の廻り込みを防ぎます。

Image is not available
ワイドルーフ

ルーフはひさし状のフォルムでスクリーン幅よりわずかに延伸し、より雨に濡れにくいようにしています。

Image is not available
強度と軽さの両立

GFRP(ガラス繊維強化プラスティック)の特性により強度と軽さを両立しています。

フォトギャラリー

IMG_9736
IMG_9663
IMG_9714
IMG_9229
IMG_9234
IMG_9656
IMG_9651
IMG_9267
IMG_9215
IMG_9289
IMG_9291
IMG_9301
IMG_9269
IMG_9712
previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
IMG_9736
IMG_9663
IMG_9714
IMG_9229
IMG_9234
IMG_9656
IMG_9651
IMG_9267
IMG_9215
IMG_9289
IMG_9291
IMG_9301
IMG_9269
IMG_9712

センター支柱タイプも選択可能

他社業務用の特大ボックスを取り付けるために支柱位置をシート中央に取り付ける「センター支柱タイプ」も用意できます。

対応車種は155と2018年以降のモデルの125です。(2017年以前の125は支柱取り付け部の形状が異なるため取り付けできません。)

→詳細はこちら

 

→センタータイプ支柱ブラケット取付説明

スペック・諸元

適合車種ヤマハ トリシティ125・155
高さタイヤ接地時      1815mm
サイドスタンド使用時  1825mm
センタースタンド使用時 1855mm
スクリーン最大 550mm
ルーフ最大   665mm
シート座面よりルーフまで運転席    1010mm
後部座席    950mm
スクリーン仕様両面シリコンスーパーハードコート
ワイパー静音高耐久 スピード切り替えなし(国内メーカー製)
総重量8.3kg (ボックス除く)
カラーゲルコートブラック、ゲルコートホワイト
(ルーフ白でフロントカウル黒やその逆の組み合わせも可能。)
純正色塗装は+¥20,000となります。
特別仕様車などで、限定色の場合は色見本をお送りいただく場合がございます。
※マットビビッドパープリッシュブルーメタリックにつきましては塗装承っておりません。ご了承ください。
価格本体価格
¥128,000(税込¥140,800)
ゾロ縦型リアボックス
¥32,000(税込¥35,200) 詳細はコチラ
ゾロリアボックス併用時は専用キャリアが必要です。
キャリア価格
¥6,000( 税込¥6,600)

※トリシティに縦型リアボックスを取り付ける場合はトリシティ専用ベースキャリア、横型リアボックスを取り付ける場合はトリシティ専用ベースキャリア(大)(税込¥9,780)が必要です。

※ルーフカウルforトリシティとゾロ製以外のリアキャリアの併用は基本的にはできません。またルーフカウルforトリシティと他社製の業務用大型ボックスを併用される場合はトリシティ専用ベースキャリア(大)をご使用ください。

取付説明

・ご自身で取付される方(オンラインストアから購入)

オンラインストアに移動します。色を選択してカートに入れてください。


2018年型以降のトリシティ125[2BJ-SEC1J]と、トリシティ155用はこちら↑

トリシティ125(2014-2017 [EBJ-SE82J])用はこちら↑

・お近くのバイクショップでの取付される方

バイク販売店で取付依頼される場合は、取付依頼予定のバイク販売店でご注文下さい。

ご利用予定ののバイク販売店が取付実績店一覧にない場合でも一度販売店に取り扱い可能かご確認ください。